ミトコンドリアを知る事でより効率的なダイエットが可能に

ミトコンドリアを知る事でより効率的なダイエットが可能になります。身体を若く保つことができます。

ミトコンドリアを知ることで効率的なダイエットが可能に

我々の細胞内にある生命活動に必要なATPと呼ばれるエネルギーを作り出す「ミトコンドリア」。近年、テレビや雑誌、書籍などでもよく見る言葉になっています。

エネルギー

このミトコンドリアを知る事でより効率的なダイエットが可能に、体を若く保てるという可能性が注目されています。ミトコンドリアがエネルギーを作り出すのに必要としているのは「糖」「脂肪」「酸素」。酸素が多いと脂肪を使って作り出し、酸素が少ないと糖を使って作り出します。

参考サイト:お嬢様酵素の口コミと効果

ここから有酸素運動がダイエットに適していることがわかります。さらに脂肪は材料とわかったのでミトコンドリアは筋肉にあることが容易に理解できます。

つまり筋肉がないと材料である「糖」「脂肪」は使われないのでどんどんたまって行ってしまいます。よく燃焼系と呼ばれるサプリメントなどに入っているL-カルニチンなどは材料をミトコンドリアに多く運んでくれるのでダイエットに向いていると言われていますが、筋肉が少なくミトコンドリアが少ない状態では幾ら飲んでも効率的とは言えないのかもしれません。ミトコンドリアはもうひとつ作り出しているものがあります。

それは「活性酸素」。元気な時はエネルギーが多く活性酸素が少ないのですが、弱ってくると逆転し活性酸素が多くなってしまいます。つまり、抗酸化なものを食べることも重要ですが根本的に作られる量を少なくすることも重要であることがわかります。今ではあまりにも有名な実験である「カロリー制限」。

あるアメリカの大学が40匹の猿をふたつに分けて20年以上片方には7割分のエサしか与えなかった結果、7割のエサを与えた猿のグループは毛並みもよく元気で若々しく病気になるリスクも軽減していたというもの。その猿たちのミトコンドリアは元気であったこともわかっています。

ここで誤解してはいけないのが栄養はきちんと計算されたエサであったことです。つまり、ただ食事の量を減らせばいいということではなく栄養をきちんと取りながら減らすこと。

昔から言われている「腹八分目」にも納得です。このようにミトコンドリアに注目するとシンプルに栄養を考えた食事を腹八分目でとり適度な運動で筋肉量を維持できれば自然に健康的かつダイエットできること可能性が広がります。

公開日:
最終更新日:2016/11/07